相続税対策のための贈与と資金確保

相続税と聞くと一般庶民には縁遠い言葉のように感じます。親から、普通の家や土地の相続なら、それほど相続税の心配はないのではないでしょうか。会社を経営しているような人や、先祖伝来の土地があるというような人は専門家と相談される方が良いですね。相続税が掛かるのが心配なら、長期計画で少しずつ子供に贈与するという方法があります。年間110万円を超えた贈与をすると贈与税が掛かるそうです。それ以下の金額を長期間贈与していくと、相続税の節税になります。その他に、もし相続税が掛かった時に支払いが出来るような手当をしておく必要がありますね。多額の預金があれば別ですが、そうでなければ生命保険に入っておくとか、物納用の土地を確保するなどの方法を考えることも必要です。

最短2日!独立応援キャンペーン中!!

交通事故案件に強い弁護士

倒産する前に今一度お考えください。

破産する前に出来る再生術!

相続税と控除

詳細はコチラから

相続税は親族などが亡くなり、民法により遺産を相続する場合や、遺言により遺産を相続する場合の税金です。

相続税について

詳細はコチラから

相続税というのは、一般的にあまり関係ないという人も多いのではないでしょうか。消費税とか、普段気にかけ

相続税とは

詳細はコチラから

人が死亡すると、その人(被相続人といいます)の財産は、例えばその人の子などに承継されます。これを「相

相続税の算出方法

詳細はコチラから

相続税の税額の算出方法ですが、まず正味の遺産の額から基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続

スタッフの紹介

(1)相続税について

相続税は親族などが亡くなり、民法により遺産を相続する場合や、遺言により遺産を相続する場合の税金です。

(2)相続税について

相続税というのは、一般的にあまり関係ないという人も多いのではないでしょうか。消費税とか、普段気にかけ

(3)相続税について

人が死亡すると、その人(被相続人といいます)の財産は、例えばその人の子などに承継されます。これを「相